2009年05月05日

YAMAHA MW12CX(ミキサー) レビュー

【 YAMAHA MW12CX(ミキサー) レビュー 】
mw12cx.jpg

【 こんな製品です 】
・12chチャンネルの入力ができます。もちろんノブ(ツマミ)ではなくフェーダです。
(※正しオーディオ・インタフェイスはin/out共に2chです。2ch以上の録音はミックスされた状態になります。)
・普通のアナログミキサーにオーディオ・インタフェイスを付けたような製品です。
・リバーブ(エコー)・ディレイなどがかけられる、マルチエフェクタが付いてます。
・コンプレッサーという扱いが難しい機器を、誰でも簡単に扱える1ノブコンプ(1-knob Comp)が付いている。
・買うと結構な値段がするCubase(AI4だが)付いてくる。【 使ってみた感想 】
・はっきり言ってしまえばオーディオ・インタフェイスは使い物になりません。
(※in側はノイズがかなり乗り、プチプチノイズが発生します。out側は高音ノイズがのります。)
・エフェクタはマイクなどGAIN上げ気味なソースは結構なノイズが乗ります。inはモノナルでoutはステレオのようです。
・1ノブコンプは地味に使えます。ボーカル撮りの時に効果が発揮しそうです。

【 結論 】
・アナログミキサー+Cubaseを買ったと思えば安い買い物だと思います。
・オーディオ・インターフェイスを買う目的で買うのは完全に間違えです。

製品リンク(YAMAHA)
posted by B4iine at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118640935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。